温泉こねこ

温泉こねこ=こねこ性×温泉性
人生はクリエイティブに♡

2019年2月28日木曜日

それは同時に起こる



誰かの期待に応えようと頑張ってきたね。



これからは、


自分の思いにも応えてあげよう。
(誰も褒めてくれないけどね。)


誰かの期待に応えられることと、誰かの期待を取りこぼすことも、等価。

だって、それは同時に起こることだから。




もう、いいんじゃないかな。

わたし脱落してないゲーム。

そんなに他人の期待に応え続けてたら、自分が擦り切れてしまうな、わたしだったら。





学生だった頃は、人の役に立ってたまるかと思ってた。

けれど、社会に出ると、
そんな余裕、全然ないね。

お金欲しいし、嫌われたら生きていけない気もするし。






でも、40歳手前で、本当にそうなのかな??って疑うようになりました。

だって、疲れんじゃん。

それに、どうやったって何かしら迷惑かけるし、
身構えたって隙だらけ。

そういうの含めて、
仕事って、あなたを憎からず思っているから頼むし、
あなたが喜ぶかな〜って思ってお金払うのよ。

2019年2月26日火曜日

自力なんて、ない


ハローハロー

調子はどう?


こっちは春っぽい気温だよ。




先日、私のお店がテレビに出たの。

そしたら、いつもよりお客さんが来てくれた。

嬉しい。

やっぱり、自分のお店にたくさん来てくれるのは、本当に嬉しい。

頭が下がる。




でね、知人に、
「(テレビに出たほとぼりが冷めるだろう)来週からは自力ですね。」
って、言われた。(笑

まぁ、言いたいことは良くわかる。

わかるけど、実は、商売に自力なんてない。


そもそも、私がこうしてお店をしてること自体、未だに不思議でしょうがない。
偶然、たまたまのご縁とチャンスが繋がって、奇跡的に存在してるのだ。




ワォ。





まぁ、気分良くお店に立てるように自分を整えることを頑張ろうと思います。


例えばね、
料理の腕に覚えがある人が、
新鮮で、珍しくて、とにかくすごい食材を集めて、真心込めて料理してくれたとする。



食べてみたいよね。

どんななんだろ??って。





では、もし、その料理する人が、イライラしながらご飯作ってたら、どう??
どんな気持ちで料理したか、わかってるの?!
昨日も夜中まで仕込みしたんだからね!!!(怒)とか言い出したら、、、、









こわっ!ってなる。


料理自慢だろうが誰だろうが、怒りながら作った“すごい料理”なんて、
私、こわくて食べたくないなぁ〜。

だったら、コンビニのおにぎりの方が食べたい。

ツナマヨ、おいしいもん。

ツナマヨとラブレで十分。

贅沢言うなら、
旦那さんが機嫌良さげに作ってる夜食のキツネうどんを分けてもらう方が絶対おいしい。


















でも、これって、別に、料理に限らないよね。


確かに、
何か作るとき、すごい良いものを全力投球で作りたくなるときがある。
全身全霊で真心込めて作りたくなる。




わかる。




超わかる。





わかる、わかる。





わかるわ〜。







その気持ちわかるんだけどね、


他人に「おいしい」と言わせようとしてる自分。


「良いね」「すごいね」「おもしろいね」と言われたがってる自分。





無理をして、

褒めて欲しがってる自分。
認めて欲しがってる自分。
必要とされたがってる自分。
得意になって他人を見下したがってる自分。

感謝して欲しがってる自分。
労って欲しがってる自分にも気付こうよ。





人に良いものを届けたい気持ちを弓を射るような集中力で集めたら、
どこかでフッと力を抜く。
どこかで、天に任せるのが、今の私の好みです。








完璧なシチュエーションなんてない。
それでも、世界はあなたを愛してるんだよ。
信じられないかもしれないけれど。



腹、くくれよ。

2019年2月23日土曜日

空き家をもらいました


ハロー

お腹いっぱいだよ。
夜はTRICK見ながら、もぐもぐカニ玉と納豆でご飯たくさん食べました。



さっき、久々にLINEスタンプ作りを始めました。
寝る前にちょっとやろうと思ったら、こんな時間。
集中するのにちょうどいい負荷なのかな。




昨日、の事件を記します。

なんと!!!
我が家にシルバニアファミリーの大きな赤い屋根のお家が来ました。




絶句。




全然欲しくなかった。(笑










なぜか、旦那さんが買って来た。




大きな包みを嬉しそうに抱えて。




いや、子どもの頃、確かに、シルバニアファミリーは憧れのおもちゃだったよ。

でも、今はいらないだろう。

さすがに。

それどころじゃないし。

(じゃあ、なんだよ??他になにすんの??)

そこに時間とお金使うなら、他に必要なものあるじゃない??って。







いや〜・・・
(天を仰ぐ)






実際に
今、私の住んでるところは過疎化が進んでて、
古民家の空き家が増えているのね。






なんで、その上、自分の家の中に空き家作るかな??




ガラガラ・・・・。





名探偵の推理現場になりそうな豪邸の空き家。





しかも、家具も無い。









おもちゃと言えど、空き家は気分悪いから、
何か人形は無いの??って聞いたら、、、、









うさぎの赤ちゃん、一匹。








さすがに、豪邸に赤ちゃん一匹はさみしいので、
今日、私一人で、おもちゃ屋さん行きました。

そして、3匹の仲間と
お風呂と
バーベキューセットを買いました。



一応買ったので、もらった空き家にセットしてみる。



なんか、楽しい。






結構、楽しい。





人形の服を脱がせて、お風呂に入れてあげたりする。


人形の足の角度を変えて、椅子に座らせたりする。


なんか、懐かしいなぁ。

昔、こんな感じで遊んでたなぁ。

こんな感じ、こんな感じ、、、安心しきって遊んでたんだなぁ。








私、もっと安心の伸び代があるんだなぁ、て気づいた。




良いのかもしれない、大人のシルバニアファミリー。























2019年2月13日水曜日

旅日記5


ハロー


やっとこお家に帰って来ました。

ヤァ〜いい旅だったよ。





アートって自ら名乗らなくても、
ホワイトキューブに展示してなくても、


街全部が作品で、
街全体で展覧会してるような感じ。




見るもの全て、誰かの想い。




どこ見ても、おもしろい。


すげー!とか

すげー!とか

すげー!ばっか言ってた。


確かに良い街だね。
こりゃ住みたい人がたくさんいるわけだ。

私、大学は東京だったけど、
当時は二浪の末にやっと涙の大学生になれたから、
まじめすぎて、、、
全然立地を活かしきれなかったなぁ。

それでも、今生きてる内に気づいて良かった。

また、行こう!
2、3日歩き回ったくらいじゃ、全然、見切れないや。


今回、実は、
自分の貯金全額掴んで出かけたからね。
密かに人生賭けてた。


自由にできるお金があること。
そして、実際に自由にすること。


さー明日から働こ!!


2019年2月12日火曜日

旅日記4


ハロー


今日も旅先から書いてます。

明日は、もう帰らないと、ね。
慣れない寝床だと寝不足。
疲れちゃった。

やらなきゃいけない仕事も待ってる、、、!?
自分が、こんなことを書くなんてね。
ちょっと前まで人が怖くて働けない自分だったのに。
仕事が待ってる、だ、なんて。
言いたいだけじゃん、おませさん。




さて、
今日は、初めて皇居の桜田門に行きました。

まるで切れ味の良いナイフがずらりと並んでるかのようなビルの山脈を従える手入れの行き届いた芝生と松の図。



うむ〜




見れてよかった。


朝8時、
赤坂駅からスタートして、皇居へ向かう。
歩いて行ったら思った以上に結構な距離。


まだですか?




この道で合ってますか?




まだですかね?



と、道でゆく人に何度たずねたか。(4回)
足の裏が痛いよ。




でも、あの辺りを実際に実際に歩きながら、気づいたことが2つあります。



ひとつは、
『自分で』『自力で』『自分の』というこだわりを捨てること。


ふたつ目は、
もし、他人のために何か成したいのなら、
まず、自分を整えて、揺らがない地盤を作ること。




ほら、
十分に根を張れてないと、
幹が細いと、
来るべき風雨、
豊かな実りに体が耐えられないからね。


私は、ついついうっかり
優しいフリしちゃう癖がある。
ええカッコしたがりなのね。


そんで後で、

あ、なんかさみしいかも。。。

うぅぅ〜

かなしいぃよ〜ってなったりする人間です。


まだまだ
「誰かのためにことを成す」器じゃありません。





旅日記3


憧れのsticker見つけた!

ハーイ!

こっちは、朝。




旅先の朝は早い。


1日が尊い。

今日は、どこ行こうか?





旅行から帰っても、いつもこんな気持ちで、朝を迎えたい。

楽しかったなぁ。

本当に来てよかったよ。



2019年2月11日月曜日

旅日記2



ハーイ

こちらは、心地良い疲労感に浸ってます。


たくさん歩いたし、たくさん気づいた。



あのね、
実は、本当に旅に出掛けられるか不安だった。


家族にどう思われるか、とか


お金、だいぶ使っちゃうな、とか


そもそも行く必要あるのか、とか






それでも、どうしてもどうしても私が行きたかった。
そして、自分をここに連れて来ることができた。






自分を信じるって、こういうことの積み重ねかもしれない。




行きたい場所があったら、どんなチャンスでもいいから掴むんだよ。








もし、叶わないのなら、、、、、、










そんなの、絶対無理!って思ってない?

そりゃ、そうだったら良いけど、ありえないよね、実際、、、とか。







思っちゃうよね。

思っちゃう。

でも、そう思ってるって気づくだけで、大丈夫。

気づくだけで、密閉瓶の蓋がわずかにズレて、閉じ込められてた夢が空気中に溶け出す。






叶うよ、きっと。



2019年2月10日日曜日

旅日記1


はろー


朝です。

外は、まだ暗いよ。
でも始発の汽車は出たみたい。


私も、もうすぐ出発します。


全然眠れなかった〜

だけど、頭がスッキリしてるから
眠れたんだろうな。
よかった。



2019年2月9日土曜日

クッキー発売、そして


ハローハロー

こちらは、夜です。

今日は、ついに『こねこクッキー』を発売しました。


ほら見て!

こねこ!!

深夜のファミレスで一人、こねこのクッキー作る!

絶対、こねこのクッキー作って販売する!!!って
紙ナプキンに描いていた夢が叶ったよ。


味は、生姜味と林檎味。


両方ともクッキーは完売しました。(ウルウル感涙)




嬉しくて、嬉しくて、

ありがたくて、

胸がぐっとなる。




そして、
明日から、私は、ひとり旅に出ます。


外出する予定があると、
面倒臭いけれど、
食べ終わった食器は洗って片付ける。

旦那さんのお母さまは、
私とは逆で、
わざと食べた後の食器を流しに置いて置く。

そんなことを、さっき食器洗いながら思い出した。





人生賭けない一人旅なんてあるか。






2019年2月8日金曜日

人間のふりしてるだけ

落書きマンガ




ハローハロー

今日は、寒い日でした。
2月に入り、ぬるいというか暖かい日もあったから、
今日みたいな寒い日は、
身がぎゅっとなる。。。



お元気ですか?



私は、お店のカウンターにいました。

そしたら、久しぶりにお会いする方のお顔が。

よく存じてる方だけど、
カウンター越しにお会いするのは初めてなので、
ちょっと新鮮。


もう2、3年くらい前になるのかな。
私は、とっても短い期間ですが、
通学補助のアルバイトをしたことがあります。
耳が不自由な子どもの通学に付き沿うのです。

子どもたちは、言葉は話さないですが、
意思表示がはっきりして
伝えたいことが私にもなぜか分かる。
そして、目がとてもきれいでした。

当時の私は、今よりもずっとずっと内気。
全然思ったことが人に言えない人でした。
だから、彼らの伝えたいことは分かっても、
私自身のことは全然伝えられなかった。
いつも緊張してました。

そのせいか電車酔いが酷くて酷くて、、、
(まぁ体質なのですが)
結果的に短いお仕事になったのです。

今日のお客さんは、
当時のそんな情けない私をいつも応援してくれた方でした。



ちゃんと働いているから驚いた。(笑
やればできるね、と、言われて、


私は、
人間のふりして、なんとかやってますと、応えました。





働くって、なんだろうね。



ずっとずっと長い間、
働いてる人って、
立派で偉くて凄い聖人なんだと思ってた。

私と違って。





だけど、私、もう知ってるぞ。
きっと、みんな、私と同じ。



人間のふりしてるだけ。



2019年2月7日木曜日

いくつもの夜を乗り継いで

はろう

今日もついに夜になりました。

私は、暇な一日でした。
誇れるようなことは一切してません。
強いて言うなら、自分で食べたご飯茶碗を洗ったくらいです。
すぎてみると、なんとなくさみしい気もします。


ん〜


そんないつもいつも
まともなこと、
無駄のないことばかりできる〜!??

とは言え、、、

夜眠れるかなぁ〜。







今日のお話は、私の考える朝の迎え方です。

はじまりはじまり







目覚める度に、毎回どうするか悩むこと。


さて、、、寝るか、起きるか、、、



毎朝、毎朝、(朝に限らないけど)決断をせねばならないわけで、
私をはじめ、これを読んでいる皆様も数々の決断を下してきてる猛者なのです。







まず、眠りから目覚めると、ここはどこ?と把握しようとする。



それは、まるで地下鉄の連絡通路を通って地上に出たときの感じに似ている。

「お、どこに出たんだ??」って感じ。


夜をいくつもいくつもいくつもいくつも乗り継いで、今朝はここに辿りついた。


地上に出たら、
実家で、
高校時代の自分の部屋で、
お母さんが早くご飯食べてよ〜って起こしにきたら、
私は全然疑問に思わずに制服着て高校に行くと思う。






明日は、どこに出るんだろう。



素材の組み合わせは、生き物


ハロー

お元気?

こちらは、元気だよ。



今日は、お店は定休日だけど
厨房で久しぶりに生姜のスコーン作りました。
週末に向けての試作です。

同じことの繰り返しは面白くないので、
バターの割合、生姜の割合を変えて試しました。

薄力粉にバターを練り込む。

粉の質感。
バターの質感。
ひたすら粉にバターをなじませる。




あ〜




心が





静か。



いつもこんな気持ちで暮らしたいな。



クッキーも前回と配合変えて作ってみたよ。



ノートとペンで考えるより、
実際にお菓子作りながらの方が、パッケージのアイディアも浮かぶ。
つまり、試したいことが出てくるってこと。


焼きあがったお菓子を並べると輝いて見える。
できたもののきらめき。
きらめきはタイミング。
素材の組み合わせは、生き物。
どうやって届けるのがベストなのか?


大事なことは何なのか?



ブラッシュアップって、パス化することじゃない。


他人が決めたレシピなら疑問も持たずに作れるけど、
自分で作ったレシピは、これで良いんだろうか??と
消してしまいそうになるときがある。

いつも
自分以外の人が正しくて、
私が間違ってる気がしてる。

だけど、これからは、自分で決める。



2019年2月5日火曜日

ジュース屋さん


ハローハロー

今日は晴れてます。

そちらはどうですか?






晴れてると暖かいし、眼に映る景色も穏やか。
日本海側の冬は曇りか雨か雪の日ばかりなので、
太陽のありがたさ、しみじみ感じます。




ここに住み始めて6年くらい。

最初の2年間は湧き水をバイクで採取してまわったよ。

地方では、湧き水を自分で汲めるんだよ。
すごいよね。
都会に住んでいたときはペットボトル越しでしか湧き水飲めないのに。


同時平行して、
野菜の無人販売所、
地場産の野菜を売ってるお店、
カリスマ農家さんの存在を知り、
農作物に興味が広がっていきました。
いつどんな野菜が採れるとか、
これは誰が作ってる野菜かを見るようになったよ。




そんな折、生姜シロップ作りにハマったことがありました。




これは、生姜シロップの瓶に付けてたタグ。

旦那さんが仕事で留守がちなので、
昼間から一人で黙々と生姜をサクサクスライス。

新生姜は水分が多いから砂糖と合えるとトロッとなって、
水を足さなくていいこと、
煮込むと生姜のいい香りが部屋に溢れること、
熱い内はサラサラでも、冷めてくるとドロッとしてくること。

生姜シロップ作りが魔法のエキス作りみたいでときめいた。



ある日の飲み会、
てんぷら屋さんの二階の狭い部屋で、
トウモロコシのてんぷらを食べていたところ、
はす向かいにいる人に夢は何ですか?と聞かれました。
私は、ジュース屋さんしたい。
生姜シロップのジュース屋さんしたい!と応えました。











それから、何年か経って、、、、、気づけば今、本当に実現してる。











夫婦喧嘩のおさめ方



ハローハロー

今日は寒いけど、ぬるい気温でした。

気づくと、梅が咲いている。
梅って遠くで見るより、近くで見た方がきれいだ。




雨が降ったり止んだり。
銀行に行くので、歩くこと往復2時間。

手が真っ赤になるくらい寒いといえば寒いけど、
桜の枝には透き通る雨垂れ、蕾のシルエット。





無いものばかり数える。
あれも無いこれもまだ無いぞ!ってね。

それでも、こうして歩ける体があるという事実。




夫婦喧嘩しないんですか?とよく聞かれる。

するよ。いつも言い負かされると応えると、

どうやってストレス解消してるの?と聞かる。

私はちょっと考えて、、、笑いながら寝ると応える。



けど、今考えるとちょっと違うなぁ。





はて、自分が本当はどうしたかったのか?

まず、一人で考えるよ。


どんな気分?

何が気に入らない?

本当はどうしたかった??

本当はどうして欲しかった?


なかなか思い出せないけど、考える。
しばし食器洗ったり、ジム行ったりして保留、時折また考えてみる。
寝て、起きて、忘れて、、、思いついたことを旦那さんにシェアする感じかな。


みんなはどうしてんのかな?

2019年2月4日月曜日

髪の分け目を逆にしただけ

公園の遊具の下にあった遊びの痕跡。


ハロー

元気?

こっちは、夜。
まぁまぁの1日でした。


今日は店番の日。
髪の分け目をいつもの逆にしてみた。
白髪が目立つので避けてた方なんだけど。
そしたら、毛の癖の向きに逆らうから、髪のボリュームがUP!
なんか若返った。
そんなことで1日、るんるん。


私がカウンターにいると、
お姉さんがカフェオレを注文した。
お姉さんは、よくお店に来てくれる。
そして、生姜のスコーンがまた食べたいと言ってくれた。

実は、一時期よく生姜のスコーンを作っていた。

もともと私の大好物。
スパイスと地元の生姜ザクザクたっぷり。
一口ガブリと噛むと、鼻から抜ける豊かな香り。
かすかに感じるレモンピールの爽やかさ。

う〜ん、たまらない!

体がホカつくよ!!

ほかほか!!

我ながらおいしいくておいしくて、
本当においしくて、
溢れるこの気持ちを誰かとシェアしたくてたまらず作っていたのだ。


ちょこっと人気だったんだよ。


でも、怖くなった。

私程度のレシピでいいのかな・・・って急に不安になってやめちゃった。
(注:菓子製造販売の許可あります。)

私、お菓子の専門学校出てないしなぁ、

製菓の留学してないしなぁ、

もっと良いレシピ、

もっと正しいレシピ、

もっと正式な、

もっとロイヤルな、

もっと伝統的な、

もっと本格的な、

もっとどこかにいる偉い誰かが作ったレシピの方がいいんじゃないかな・・・とか。






でも、現に、
私の作った生姜のスコーン
食べたいって言ってくれる人がいる。







あ〜









あ〜










そっか〜












、、、また






また、作ろうかな♡




お姉さんが帰った後、
しばらくしてお店に電話があった。


どうやら私、カフェオレのお金もらうの忘れてたらしい。
わざわざ、電話してくれた。



絵の仕事しかしてこなかった私が、
去年の夏から、いきなりカフェをすることになった。
最初は接客が慣れなくて、緊張でガチガチだった。
間違わないこと、失礼のないこと、ちゃんとしなくちゃって。


もうすぐ半年。
今は人の優しさにつくづく頭が下がる。




お店を閉めて、節分の太巻きを目当てにスーパーに行く。
7時前に着いたのに、太巻きが一本も売ってない!

わお。

都会のスーパーではわんさか太巻き余ってたのに。





仕方ないから焼きそばをツナ缶入れて作ったよ。

ご飯食べながら、旦那さんが『リメンバーミー』の曲を流した。
去年、映画いっぱいみたけど、
『ボヘミアンラプソティー』と『リメンバーミー』は、私のベストオブ2018。
今、曲聴いてるだけで、涙ぐむ。


ふにー


どこがそんなによかったの?って聞かれて、
家族との対立かなと私は応えた。

別に、家族が嫌いになったわけじゃない。
楽しい思い出がある。
辛いとき、寂しいとき、一緒にいてくれた恩がある。
産んでくれた、育ててくれた恩がある。

誰よりも愛着がある。




だけど、ときには家族という群れを出なきゃいけないときがある。





こねこクッキーの試作もしたよ!