温泉こねこ

温泉こねこ=こねこ性×温泉性
人生はクリエイティブに♡

2016年8月18日木曜日

海のこねこ、山のこねこ


さっき、できたばかり!!!
こねこ度1UP、間違い無しだね。

『海のこねこ、山のこねこ』のバッグ

海と山で遊ぶ子猫の絵柄です。
かわいいなぁ〜♡

生地はしっかり厚めのコットン。
お買い物にぴったりサイズ。
雑誌も入るよ。
洗濯もオッケー。

そろそろ、販売してみようかなあ。

2016年8月9日火曜日

夏のお祭り

地域のお祭がありました。

今年初めて、灯籠流しの当番になり、
夕方から地域の方々とロウソクを仕込んだりしました。

灯籠流しの時間が来ると、風が沖へと変わるよと教えてもらいました。
嘘みたいだけれど、本当に風向きが変わり、みんな綺麗に流れて行きました。

辺りが暗くなると、打ち上げ花火。

きらきらした火の粉が、音も無く星の光に代わる。
星がよく出ている夜でした。

2016年8月8日月曜日

祝・一周年!

もう一年・・・
やっと一年・・・

私がジムに通い出して、一年経ちました。


当時は、仕事、頑張ってきたけど、なんか、もう無気力。
でも、とにかく悔しかったのを覚えています。


どうしょうもなく悔しかった。


何かが根本からおかしい。
でも、何がおかしいのかは、
今の自分じゃ、きっと想像もできないし、理解できない。

だから、最初は、自分の一番身近な環境としての『体』を少しでも変えれたら、
少しでも何かつかめるんじゃないかと思って通い始めたんです。


一年経ってわかるのは、
自分の為だけにエネルギーと時間を使う習慣をつくることが、とっても大事だったんだ!と思います。
評価や仕事に直接は、つながらないことだけど、ね。


だから、別に、ジムに限らないわけで、何でも良いんです。






2016年8月6日土曜日

すっきりしている

夢で大泣きした。
泣いて泣いて、泣いたら、すっきりした気持ちで目覚められました。

認めてもらう為に頑張るのは嫌だったね、と。

当時は、心底嫌なのに、それしか道が無いと思ってた。
そして、頑張って認めてもらわなければならない相手は、
いつだっておっさんだった。

もう、おっさんに認めてもらう為に頑張らなくていいんだよ。

2016年8月5日金曜日

絵を描くときに大事にしていること

絵を描いているときに、大事にしていることは、

一番最初の案や線を大事にすることと、

作業にならないようにすること、

よく寝ること、かな。



最初の絵は新鮮なだけじゃなくて、
この絵に必要な何か全てある気がします。

作業にならないようにする、というのは、
細かい作業や単調な塗りなど、
とにかく飽きる前に、必ず止めます。

よく寝ると、良いです。
絵も自分も。
筆を漱ぐように、頭の中も漱ぐような感覚です。

実は、昨日、モヤモヤしてることがありましたが、いつもどおり昼寝しました。
逃げる夢でうなされましたが、ちゃんと夢でうなされたら、起きたらスッキリ。
自分の気持ちが、ハッキリしました。
夢の効能ですね。



2016年8月4日木曜日

ヒグラシが鳴いています


いなかでは、電車やバスの本数がとても少ないです。
電車乗ったら、帰りの時間も調べること必須です。

でも、いい風情でしょう。

ヒグラシが鳴いています。

2016年8月3日水曜日

新しい絵

新しい絵を描き始めました。

絵を描くときは簡単な下絵を描くけど、
それでも、毎回どうなるのかな?仕上がってみないとわからない。




2016年8月2日火曜日

すもものシロップ

これ、なーんだ??

すもも!

わたしはすももが大好き♡

すもものシロップ、作ったことありますか??
今年初めて作ってみました。

果汁たっぷりジューシー!

小さいのと大きいのがあって、大きい方はそのままでもおいしいよ。

砂糖とすもも、交互に詰める。

瓶詰めって、不思議な魅力と楽しみがあるね。
果汁が多いから、冷蔵庫に入れて待ちます・・・。

にゃんと、次の日にはシロップできちゃう!

きれ〜な赤色だよ。
炭酸水で割って飲みました。

今度はかき氷に掛けてみよう♡

2016年8月1日月曜日

こねこTシャツ褒められた!

今日、もうひとつの方の新作こねフィット(フィットネス用こねこTシャツ)を
ジムで着てたら、かわいい猫ちゃん、いいですね〜って、知らない人に3人
声かけられたよ。

すごくない??

すごいよね!!!

すごぉ〜い!!!
やったッ!

田んぼの軽トラ

田んぼの軽トラ、きれいだな。

好きな海

引っ越したばかりのころは、よくバイクや自転車で探検しました。

好きなのは海沿いの道。
特に夏は、海の色が春よりも一層明るく透き通って、驚くほど鮮やかな青!!
気持ちいいです。
秋になると、少し紺色を含んだ海が黄金色の稲穂と対になって、本当に美しいですよ。


平日の人がほとんどいない浜辺で、これって青春だな〜って一人で浸ってました。
喫茶店とかコンビニは近くに無いので、喉が渇いたら、
焼けた砂地をザクザク歩いて自販機を探す。
この不便さが、いなか面白いな〜って思うことのひとつでもあります。

夏のたのしみ


“聞き酒”ならぬ“聞き胡瓜”したことありますか?

道の端に、ところどころ野菜の無人販売所があります。
そこを覗くのも暮らしの楽しみのひとつです。
特に夏は、野菜がとっても元気。

また、近所の方がときどき、野菜を袋に入れて、家の玄関ノブに下げてくれることもあります。
置き手紙も無いので誰かな〜と思うけれど、だんだん胡瓜の形や味で分かるんですね。
粒々が多かったり、細長かったり、少し甘かったり、どれも本当に美味しいです。





いなかの暮らし

この夏で、四年目に入ります。

いなかの暮らし。

この海辺の小さな町で暮らすようになって四年目になりました。

いちばん気に入っているのは、空が大きいことかもしれない。
雲が流れている様子を見て、ああ、西から東へ流れているなぁって思うのが好きです。
あと、夏の躍動感溢れる雲の形を見つけること、と、鮭を焼いたような夕暮れの空の色が家に持って帰りたいほど好き、かな。