温泉こねこ

温泉こねこ=こねこ性×温泉性
人生はクリエイティブに♡

2020年7月30日木曜日

7月が終わりそう


珍しく久々に晴れた日でした。


夏の虫のサワサワサワ〜って音がきこえてきます。

もう一つ奥のレイヤーからカナカナカナって音も聞こえる。

7月も、もうすぐ終わるよ。

1日が早い。




2020年7月28日火曜日

汗だく


片付けをしていたら、汗だくになった。

今年の夏は、いつもよりムシムシする!

変かな?

ちょっと待ってと、

もうちょっと落ち着いて考えてみるよってしてみても、

単に「これ変に見えないか?」

「どうしたら変に見えないか?」ばっか考えてるときがある。


ほ、本当の本当はどうしたかったの〜っ??。

2020年7月17日金曜日

公用語

じとじとする。

梅雨だからしかたないけれど今年は特に晴れない。



小雨降る夕方、久々にバーベキューしたんだけど、

右足首が尋常じゃないくらい蚊に刺された。



なんかもう、刺されすぎて、

逆にどこまで刺されるんだろうって気にすらなったけれど、

室内に戻って蛍光灯の下でまじまじと見たら、

自分がしみじみかわいそうだなぁと思えてきた。



もう数日たつけれど、ぶり返してかゆい。



そのうち忘れちゃうくらいに治るってわかってはいるが、

今見ても、まじで尋常じゃないくらい刺されている。




それにしても、

この「尋常じゃないくらい刺されてる」という表現、

なんか変だよね。


アラフォーの私は、「尋常じゃないくらい刺された」と言うけれど、


アラセブンティの70代、アラエイティの方々は同じ台詞を言うだろうか?

もし、おじいさんやおばあさんがたくさん蚊に刺されて

「まじ尋常じゃないくらい刺された!」と言ってたら、、、見てみたい。

私よりずっと若い小学生は、こんな台詞言わんだろうけれど、ぜひ機会があれば台本作って言ってるところみてみたい。




頭の中での独り言の口調って

自分の体臭みたいに自分にとって当たり前すぎるから

疑問に思わんけど、

改めて台詞を文字起こしすると時代というかお里が知れますな。



敬語にしても、尊敬してるとか相手をへりくだって立てるとか繊細で手続きが煩雑で独特の世界観だけど、

ふつーに日本語の一部ということになっている。

でも、自分と異なる所属の人たちや世代の方との公用語と捉えるとしっくりくるんじゃないかな。







2020年5月23日土曜日

質問の背景


見事な五月の青空です。

大好家。




晴れていると山の緑は自ら発光しているかのように見える。





昨日、実家から時々届く恒例の日用品の小包が来た。

ヤマト60サイズくらいの小ぶりなダンボールの中には、

細々とした日用品と小岩井チーズがたくさん入っていた。




早速、母親に電話すると、

チーズが好きだったなぁと思ってね、と言われた。



好きだったなぁ、、、

好きだったなぁ、、、か〜。

電話切った後、妙にさみしい気分になった。



言いたいことって、全然言えないものね。





ラジオで、子どもが知識ある大人に科学の不思議相談をしていた。

子どもは、「飛行機はなぜ燃料をたくさん積んでいるだけで、

長い距離を往復できるのですか?」と質問した。
(たくさん積んでいるだけの『だけ』ってなんなん??って言うのは置いておく)




大人の答えは、飛行機は基本片道分の燃料しか積んでいないと言う。

だから、目的地についたら帰りの分の燃料を補給していると言う。




ここで、明らかになったのは、

子どもの問い「たくさん燃料を積んでいる」と言う前提の間違い。




でも、大事なのは、なぜそう言う質問をしたか。

なぜ疑問に思ったのか、その背景なんだろうね。

どう思う?













2020年5月11日月曜日

見た目で決めた

こちらは快晴です。

風が少し強いけれど、見事な五月晴れ。

あなたのいるところは、今どんなお天気?

風、吹いてる?





さて、バラの苗をなぜ迎え入れることになったのか。





実は、お花の世話って、あんまり好きじゃないんです。

お花のこと、全然よく知らんし。

でも、このご時世、

外出自粛でレジャーらしいレジャーもないでしょ。


ついこの間、たまたまスーパーの園芸コーナーで

クチナシの鉢植えを見つけたの。



大学時代、

夕方お腹すいたから食べたいものの絵を描いていたら、

当時講師の方が石焼ビビンバを奢ってくれたことがあった。

私、普通のビビンバは食べたことあったけど、

石焼ビビンバは初めてで、

生卵が石に触れてジュー!ってなる様に、すごーって感動したのを覚えてる。




後日、お礼にクチナシのミニブーケをあげたんだっけな、

懐かしいなーって、久しぶりにクチナシの匂いを嗅いでみたの。

そしたら、もう、とても素晴らしい香り。




家に帰っても思い出して、

あー良い匂いをもっともっと嗅ぎたいなと思ったのがきっかけです。



今日は、昨日とは違うバラ。

良い香りを思い切り嗅ぎたくてバラを迎え入れることにしたのに、

売り場では、黄緑色の硬い蕾しかわからない。



匂いがわからないんですよ。

名前と説明札の文言とプロフィール写真が唯一の手がかり。


このバラは、そのプロフィール写真で決めた可愛い子。







もともと好きじゃないことだけど、

理性でするようなお花の世話だけどね、

それでもお花咲くと嬉しいもんだね。