温泉こねこ

温泉こねこ=こねこ性×温泉性
人生はクリエイティブに♡

2020年2月12日水曜日

りんごは私である


何言ってんだろうかと自分でも思うけど、

りんごは私である。



こんばんは。

お元気ですか。

こちらは最近忙しいなんて言いたくない日々でした。

要するに落ち着き不足。




はぁ。

それでもこうしてブログ書けるんだから、

ちょっとは落ち着いてきたんだろうね。





今いる部屋を冷静に見てみる。




これが私ですよ。


床に落ちてる髪一本が私。

皿の上のりんご、これが私。

机の上のコップのお茶の量、これも私。

溢れそうで溢れない本棚も、

畳んで崩れた布団も、

うっかりふんじゃったティッシュボックスも、私。




みんな、心のどこかで、

自分の知らない自分を

見抜いて欲しがってる。

教えて欲しがってる。



でも、誰でも良いってわけじゃないよね。






あなたの目の前のモノが、

なぜそこにあるのか。

どう見えるのか?




それが自分がどんな人間かをよく教えてくれる。




2020年1月16日木曜日

大福に学ぶ

寒いし、今日は大して動いてないし、

めんどくさいなーって日でも、

やっぱ入るとサッパリして気分良いよね。

お風呂。




さて、今日は

『人によって見てる世界が違う、

と、いうことがいかに当たり前か』

に、ついてよくわかることがあったので記しておきます。




先日、旦那さんの母上、

すなわち義母さんとお会いする機会があり、

お土産に豆大福を持ってきてくださった。


その豆大福は、

義母さんのお気に入りの和菓子屋さんなのだが、

そこで、いきなりQuestion、

クイズが出された。




タダではくれない。(笑)





この豆大福には、

特別にあるモノが入ってる。

さて、何でしょう?










何でしょう??、て、ねぇ。



「笹」と私。


近い!

「さつまいも」と旦那。

うーん。



私:「タニシ」

旦那:「あんこに生物は合わないんじゃない?」





クルミ

カボチャ

生姜、、、?

胡麻

アワ、ヒエ









まーそんなこんなで全然当たらないのよ。







大福に入ってる意外なモノをイメージすると、

こんなにも色んな案が出るもんなのか。

すごいね。



正解は、結局わからずじまい。



実際、ホントに大福に入ってたモノは、

なんと、白菜のお漬物。

想像以上の味。





人の思い付くことって、人それぞれ。






2020年1月8日水曜日

スポットライトは動かない

何もかもがバックミラーに消えていくようですよ。

2020年、あけましておめでとうございます。



朝が来て、夜が来て、また朝が来る。



あなたは、いかがお過ごしですか?

今年は暖冬だそう。

だけど、寒いもんは寒いよね。




先日、1週間、旅に出てました。

それで、ああそうだなーって思ったことです。






悩みって、立場によるもの。

その人の素質とか努力の有無とかは、

あんまり関係ない。



スポットライトは動かない。




もし、ライトの熱が暑いのなら、

そこをどくしかない。





ずっとそこに立ってたら誰だって焦げちゃう。








劇場があって、舞台があって、脚本があって、配役があって、

私たちは、日々それを演じてるだけ。





ついわすれちゃうけど、

この劇場には、とにかくたくさんの、

それこそ星の数ほど舞台がある。

その上、劇場もまだまだたくさんある。




たまには舞台を降りてもいいし、

全然違う舞台でいつもと違う役も演じてみてもいいし、

色んな立場を体験してから、

また同じ舞台に戻って来ても良い。




たまに、離れたところから、

いつもの舞台の、

自分の立ち位置を見てみると気づくこと。











2019年12月26日木曜日

信号機

猫のジジさんが営む配送業者には、即日便という配達メニューがある。

朝、9時までに営業所に荷物を持っていくと、

配達エリアによっては当日の夕方ころに届けてくれるのだ。



と、いうわけで荷物を出してきました。

道中、当日便に間に合うかどうかしらと、ハラハラ。

信号待ち&信号待ち&信号待ち。

あ〜う〜。

しかも、営業所への近道を忘れて、

走り慣れた大通りを選んでしまい、余計にドキドキした。






結果、余裕で間に合ったんだけど、

信号待ちしてる時、まぁまぁ焦ってはいるんだけど、

ふと、信号機って有ってよかったな、

存在してくれてものすごく助かってるなぁと思った。





信号機あるから待たされてるけど、

信号機なかったら、こんなにスムーズに走れんもんなぁって。






2019年12月21日土曜日

折り目をつける


今日は出先です。

朝はよく晴れていて、

家よりずっと暖かい1日でした。




昼は大阪。

せっかくなので、
本場で粉モンと言うものを
食べてみたい。


住宅街だけど、

歩いていると、

本当にお好み焼き屋さんやタコ焼き屋さんが

結構ある。


なんだか嬉しくて、

2軒のお店、それぞれで

焼きそばとタコ焼きを注文した。

ご夫婦で長年営まれてそうなお店と、

がっちりした体型の若い男の人のお店。




食べ比べると、

なるほどなあとしみじみ。


麺の弾力も具もほとんど同じ。

だけど、なんか違う。

どっちもおいしいことは、おいしい。

ご夫婦でされてる方は
一口目のインパクトはガツンとは来ない。

だけど、噛みしめたいおいしさ。

若い男の人のお店は、元気いっぱいな感じ。





おもしろいなあ。




自分もお店に立ってるけど、

スムージーも作り手で味違うのかな。


最近思うのは、

単純な料理ほど、

一つひとつの行程に
きちんと折り目をつけること。

楽そうでもなあなあに流さないで、

折り目をつけるの。



その方が自分でも飽きないし、

心を込めれた気にもなるし、

結果、お客様にも良いんじゃないかな、たぶん。



2019年12月10日火曜日

時代の記録


今日は家人から頼まれて

初めてタピオカを茹でた。




仁丹くらいの小さな乾いた粒を

グラグラ沸騰した湯に入れて5分10分茹でる。

火から下ろして、

そっから10分くらい放置して、

ザルにあけて流水でざっと洗う。



もちもち。

つぶつぶ。

もちもちもちもち。


へぇ、こんなん流行ってんのかぁ〜て。



時代だから記しておく。





ミルクティー色の猫


今朝の散歩では他の猫に出会った。

隣のマンションの駐輪場には、ミルクティー色の猫がいた。

朝日に向かって、なんとも眩しそうな顔をしていた。



彼らはお勤めでそこにいるわけではない。

能動的にそこにいるのだ。

気ままである。

なので、昼前にはもういなかった。