温泉こねこ

温泉こねこ=こねこ性×温泉性
人生はクリエイティブに♡

2019年11月13日水曜日

青い森の大きなカブ

小雨降る夜です。




ここ数日間は、

一生懸命社会参加しておりました。

こういうのを働くって言うのかな。


今日の朝で私は一段落。





楽しみだった外食も、

憧れだったエスニックも、

何だか疲れちゃった。







夕方昼寝して、

夜、スーパーでカブと油揚げを買った。

青森から来た立派なカブだ。

青い葉はたくましく、

白い根っこはずっしりまるまる。




キャンプ用の小さな包丁で

大きなカブをカットして、

鍋に半分まで。

残りは塩ふって浅漬け。

油揚げは手でちぎって、

味噌汁を作ったよ。






おいしかった。


〆におうどん入れようと思ったけど、

味噌汁が具沢山で、

もう良くなっちゃた。








2019年11月10日日曜日

駅前のお姉さん

今日一番の出来事は、

駅前で鬼気迫る感じで鬼塚ちひろ歌ってたお姉さんに

1000円あげたこと。






2019年11月8日金曜日

今日から新居


今日から新居。

角部屋で

キッチンから風がよく入って来てくれる。






アレコレ運んだり、

運んだり、

運んだり、

運んだりして、

必要なもの買い物して、

夜になった。







都会での暮らしは、よく歩くね。

階段も多い。

多い、階段!

びっくりする。




田舎で数年2、3年暮らし始めた頃、

腰が急に痛くなったことがある。

整体に行ったら、

階段不足と言われた。



聞くところによると、

階段の上がり降りは

歩くのとは違ったところの筋肉使うらしい。

要は、階段で使われるはずの筋肉が

全然使われてないから、

他の筋肉?部位が、

ちょっと無理しちゃってますよってことだ、たぶん。






いやぁ〜都会は、ほんと階段多い。

良い運動だ。

引っ越す前は

新しいジムにみっちり通うぞとおもってたけど、

もー良いかも。

初日にして。




今は、照明も無く、

持参したスタンド2個の薄暗い部屋におります。

間接照明みたいで、

これもまた良し、である。



夜は、

  • 田舎には無いセブンイレブンで


おつまみを喜んで買う。






2019年11月7日木曜日

人生青春だね


暑くも寒くもないよく晴れた1日でした。


口開けて寝て気持ち良さそうね

と、言う声が聞こえて



目が覚めた。




新居に向かう道中、

ひと休みのドライブイン。





なんと今日から、2拠点生活。




不動産屋さんから鍵もらう予定だったけど

予定時刻を遅れてしまい

書類は提出したけど、

鍵は明日にお預け。






おおっと、、、これは予想外。





夜明けまで

ここに居ていいよと言ってくれる人が

この街にいるんだろうか。




私はただ、安心して座りたいだけなのに。





とは言え、平日はお宿もお手頃。



商店街の中にあるリフォームお宿に決まった。

昔は洋品店だったという看板やトタンを残しつつ、

外装からは想像できないくらい中の空間は

おされ。




フロントもトイレもほのかにいい匂い。


商店街の提携店でお食事すると特典があるというのも楽しげな仕組みだ。


よっしゃ!


っと、出掛けてはみたものの、

午後七時半には多くのお店が店じまい。



OH〜。

それでもいいのだ。





知らない街の知らない中華料理屋さんで食べたラーメンは、

田舎の方の住まいで、

最近やってなくて残念だなと思ってた中華料理屋さんの料理に何となく似てた。






私は今、浮かれてる!



たこ焼き、トロトロあつあつウマウマでした。







人生、青春。

人生、塞翁が馬だね。








30代ラスト1周

友達と温泉街に行った。

お宿は連休でどこも空いてなくて、

やってんのかやってないのかわかんないくらい薄暗〜いビジネスホテルに泊まった。




でも、それが妙に楽しかった。



フロントのおじさんがなかなか出て来てくれなかったり、

部屋に上がる階段のある空間の壁紙がワープ空間みたいな模様だったり、

廊下に貼ってあるポスターが昭和レトロな年代物に見えて、

ここ数年前に印刷されたものだったり、






なんか楽しかった。





狭いビジネスホテルの部屋で、スリッパ脱いで

ジェンガして、

UNOをした。





UNOに至っては皆、小学生以来なので、

スキップとリバースの絵柄に何これ??となり、

ドロツーで2枚カード引いた後、

出せるカードあったら出していいのか等など、

ルールの確認をしつつ進行する。






手持ちの札を見えないように色ごとに並べる。

なに・・・この感覚。

小学校の臨海学校の自由時間を思い出した。





こんなこともあろうかと、こっそり買っといた

酢だこさん太郎と

カルパスと

ねるねるねるねと

蒲焼さん太郎を景品に

白熱した勝負を繰り広げました。




あーこんな風に大笑いしたのって、何年振りなんだろう。

日々、それなりに楽しいことや嬉しいことってあるけど、

こんなにバカみたいに大笑いは、ずっとしてこなかったなぁ。






台湾の旅行の話も出た。

私ね、行けるのか全然実感がない。

もう20年近く海外に行ってないし、

お金も用意できるのか、

そして何より、いい歳して変だと思うけど、

お母さんやお父さんはとっても心配するんじゃないか、

心配かけてまで行くべきなのか、とか。






そうこうしてるうちに30代も、いよいよラスト1周。

明日から、しばらく都会と田舎の2拠点生活。

冷蔵庫の中身を無理やり料理したから、今はお腹いっぱいだ。




2019年10月31日木曜日

時が止まる


10月も今日で終わり。

なんとか恒例のカレンダーも納品できたし、元気に11月を迎えられそう。






近所の神社にお参りした。

帰りがけに屋根瓦の落ち葉がふわ〜って風に舞ってた。

それが、スローモーションで、

一コマひとこま時が止まるかのようで、

まるで映画みたいだった。







2019年10月30日水曜日

安心して怯えてたらいいよ


明るい曇り空。

寒いけど晴れているだけで、どこか気持ちが軽い。





色々、もう、いいじゃないかと思うのです。




もっと良くしようなんてしなくていいのかもしれない。

もっと早く要領よくとか、

もっとへこへこせずに人と話せんかねとか

もっと早寝早起きしないととか

もっとちゃんと毎日働いて、ちゃんとした人と思われるようにとか、、、



もう、思わんで良いのかもしれんね。








この間、目がすごく痛むことがあってね。

目が開けれないの。

蛍光灯の灯が刺すように眩しくて、ズキーンと頭が痛くなる。

ご飯も食べたくない。

むしろ吐いた。

いやーまいった、まいった。





人間、体の具合が悪くなると、不安になるんだね。

気を紛らわそうと、何か娯楽をしようと思うけど、

漫画もスマホも本も視覚の娯楽でいよいよやることがない。






それでも目も頭も痛くて痛くて、黙っていると、

どんどこ不安になるもんだから

立川志の輔の新作落語聞いたりしてなんとか凌いでた。








それで、ふと、

ああ〜もういいな、って。

もう、十分じゃないかって。






もういいじゃないかと、

わたし、よくがんばってるじゃないかと気づいたの。





わたし、意識低い系のいわゆる使えない奴なんよ。

それでも、これがわたしのMAX120%の実力なんよ。

いつか人並みになれるんじゃないかって、

毎日毎日何十年もがんばってきたけど、これなんよ。

いつか本気出すとか無いの。

これが精一杯の姿なんです。




ほんと。

許して。

何も足せないし、何も引けないの。

わたし麦焼酎なのかな。








許すわ。

もう、許す。

誰も許さなくても、わたしが許す。






今は、すっかり元気になったよ。

また、目が痛んだらどおしよって内心怯えてるけど、

安心して、怯えてたらいいよって思う。